スタッフブログ

家具の在り方が変化していきます

 電話台と棚がセットになった家具を造作で造らせて頂きました。

 

近年、住宅に置き型の電話台やタンスを入れたりする事が少なくなってきました。良いのか悪いのかは個人差はあると思いますが、置き型家具を最小限にする事で生活スペースが有意義に使う事が出来るようになるのは言うまでもありません。

私の両親の話を聞くと嫁入りする時に、家具とご飯茶碗に箸を持って嫁ぐのが当たり前の時代があったのだと何度か聞いた事があります。ちなみに私の母親は桐ダンスを持って嫁いでおりますが、今は使わずに蔵に閉まってある状態です。

このように時代と共に変化する事は沢山あります。住宅を新たに建築、リフォームされる時に考える必要がある家具の事って生活を快適にするのに大切な事ですよね。

カテゴリ

アーカイブ