職人が自慢です

技を極めし職人達の心意気 木造建築は職人で決まる。

木造建築は大工で決まる!それはただ単に大工の匠の技だけではありません。匠の技だけを競うのであれば大工職人の世界ではあたり前のことです。
びわこホームの大工職人は、施工、注文賜りましたお客様に必ず喜んで頂きたい!絶対に感動してもらいたい。ご家族全員が最高の幸せを手にして頂き笑顔と喜びが絶えない人生設計にお役立ちしたいと心の底から祈念している大工戦士達です。
びわこグループの企業理念を貫き通した大工戦士は、匠の技と志!念い!心意気が一体化した時のみに天下一品の住宅がうまれると宣言しています。
私、上田裕康は匠の技と心意気を貫く大工戦士が我社の自慢であり誇りです!

  • 町田 健蔵
  • 山崎 正雄
  • 大平 秀一
  • 大石 友和
  • 坂口 正美
  • 清水 勇吾
  • 廣田 雄二
町田 健蔵

町田 健蔵

好きな言葉:「忍耐」

大工になったきっかけ
7歳上の兄がすでに大工だった為、その影響で兄の勧めもあり修行。鹿児島出身で集団就職のような状況で関西にでてきたが、最初から大工が“好き”“嫌い”とか考えず無我夢中で仕事を覚えた。仕事を覚えていくうちに“棟梁として独り立ちし、頑張っていきたい!”という気持ちがもてるようになる。今の仕事が天職だとおもえている
こだわり
できる限りお客様の声を聞いてじっくり形にする。現場に来て下さるお客様の顔を見るのが大好きなんですよ!自分の家が立ち上がっている姿を見ておられるお施主様は目が輝いています。
大工としての志
お客様からの「ありがとう」の言葉・・・
心からお客様に感謝して頂いたあの瞬間!大工をやっていて良かったと感じるんですね。私が携わらせて頂いた全ての方に感謝します。
今後の夢・ビジョン
若い職人が育っていけるよう、若い子への接し方・付き合い方に気を使っていく。
「真」という漢字に込めた念い
名前(真也)の真です。名前の由来からではなく、「真」という漢字が好きで、「真心」「真実」をモットーにしています。
お客様へのメッセージ
お客様がいらっしゃってはじめて大工は仕事を出来ますので、心よりの感謝を忘れず、ご満足いただけるよう励みます。
山崎 正雄

山崎 正雄

好きな言葉:「心」

大工になったきっかけ
家族みんなが大工だったため大工になるのが当たり前だった。
こだわり
お客さんからの要望があったときにすぐに対応できる地域で仕事をする。また、お客様との現場でのお付き合いを一番大切にしています。
大工としての志
家を建てるということはお客さんの夢を形にするということだと思っています。だからこそ夢に携わっている自分たち大工は、常に笑顔で仕事をしないといけないと考えています。建てている家に、またご家庭に幸せが来るようにと笑顔で仕事をすることを心がけています。
今後の夢・ビジョン
息子3人に1人前になってもらうこと。(こいつらと一緒に働いている日々が正直最高にうれしい)
「心」という漢字に込めた念い
心(ハート)は命!!釘1本1本、心をこめて打っています。何に対しても心をこめるということは大切なことです。人への愛情も心。つながりも心。
お客様へのメッセージ
この大工さんで家を建ててもらってよかった!と言ってもらえるようがんばります。お客さんには本当に喜んでもらいたい!それ以外はないです。
大平 秀一

大平 秀一

好きな言葉:「友情」

大工になったきっかけ
子供の頃、大工さんが家を建てにきてくれたとき、その大工さんの後を追っかけていた。その大工さんの仕事をしている姿に憧れて弟子入りしたのがきっかけ。
こだわり
常に現場をきれいに清掃して、施主さんにいつ来ていただいても気持ちよく現場を見てもらえるように努めています。
大工としての志
お客様からありがとうと最高の笑顔で言ってもらえた時が本当に感動させられる。そのためというわけではないが、最高に喜んでいただける、と、自分で感じられる家づくりを常にこころがけています。
今後の夢・ビジョン
大工を続けていて家づくりの奥の深さをしみじみ感じる。もちろん、お客様に喜んでもらえる家を建てる自信はある。夢、しいていうなら、38年続けてきて大工としての理想の家づくりをすることです。
「友情」という漢字に込めた念い
一軒の家を建てるときに、とてもたくさんの人のちからが必要だと思う。だから、その家にたずさわるすべての人との繋がり、絆をとても大事に思っています。
お客様へのメッセージ
どんどん現場の方に足を運んでいただけたらうれしいですね。直接お客様の顔をみながらお話しすることで、本当にお客様の望んでおられる家ができているなと感じられるので、気軽に話しかけて下さい。
大石 友和

大石 友和

好きな言葉:「志」

大工になったきっかけ
親が大工で子どもの頃から父親の背中を見て育ちました。物づくりが好きだったこともあり、中学卒業後何の迷いもなく大工の仕事を手伝うようになりました。
こだわり
見えない部分だからこそ、仕上げ方ひとつひとつにこだわり、強くて丈夫な家に仕上がる様に心がけています。大工同士の交流を大切にしているので、常に新しい情報を取り入れながら、家づくりに活かしています。他の7人の棟梁、また俺らのもとで働いてくれている大工全員で一つのものをつくり上げる!これが本来の家づくりだと考えます。
大工としての志
『日々勉強』常に上を目指すという気持ちを持ち続けています。
今後の夢・ビジョン
弟子をつくり、自分自身で工務店を作りたいという思いはあります。いつか実現したら今までお世話になった方に恩返しできる自分を夢みています。
「志」という漢字に込めた念い
常に自分の信念を持ち続け、一度決めたことは絶対に貫き通す。
お客様へのメッセージ
喜んでお住まいいただける家づくりを目指しています。こだわりが多いお客様ほど、直接関わりがもて、希望を聞けるのでやりがいを感じます。お客様の希望や思いを形にできたときは一番うれしいので、気軽に声をかけていただき、お客様の思いを聞かせていただきたいです。
坂口 正美

坂口 正美

好きな言葉:「幸」

大工になったきっかけ
小学校の頃、母に「お前が私らの家を建てるんやで!」と言われたのがきっかけ・・・が、兄が先に実家を建ててしまった。(当時・中学3年生)(笑)6人兄弟のうち3人が大工で、なるべくしてなりました。
こだわり
100%は永遠にないと思いますが、常に自分にきびしく、常に100%を目指し日々勉強です。
大工としての志
・お客様に喜んでいただける家を建てる。
・常に仕上がりをイメージして段取りし作業する。
今後の夢・ビジョン
わが子に限らず、自分の意志又は、技術を伝えていきたいです。
一、自分の技術力の追求
一、若い職人への技術の伝承
「幸」という漢字に込めた念い
びわこホームに携わるすべての人々が幸せになっていただき、笑顔になってもらいたいという願い。
お客様へのメッセージ
「満足」していただける家でありますように、喜んでいただけますように、といつも願っています。また、「満足」というものが自分の中で「満足」ではなく、それぞれのお客様の満足を追求していきたいです。
清水 勇吾

清水 勇吾

お客様の思いや希望を形にし、夢を叶えられる職人でありたいです。
ひとつひとつの仕事を丁寧に心を込めておこないます。
廣田 雄二

廣田 雄二

好きな言葉:「切磋琢磨」

大工になったきっかけ
父親が大工をしていたので自分も大工になろうと思いました。京都にある工務店で大工として修業し、父親が亡くなり滋賀で大工をすることになりました。
こだわり
とにかく「丁寧」それだけです。何をするにもお施主さんに良い家に住んでもらうために、ひとつひとつの仕事を大事に丁寧にすることがこだわりです。
大工としての志
息子に自分が長年磨いてきた技術を受け継いでもらう事。それが今一番の志です。
今後の夢・ビジョン
これからの若い大工に育ってもらい、一人前になってもらうことです。今は息子と一緒に大工をしてますので、いつか1人でも大工として生活していけるようになってくれることが自分の夢です。
漢字に込めた念い
昔先生に教えてもらった言葉で、その時は意味がわからなかったけど、今では大工仲間と仕事をすることでその言葉が励みになっています。
お客様へのメッセージ
お施主さんが住み心地がいいと思ってくれる家づくりを心がけてます。またこんなことしたい、これって何?など現場で自分ができることは一生懸命させて頂きます。